住吉区清水丘の耳鼻咽喉科。みみ・はな・のど・かぜ・花粉症のことなら何でもご相談ください。

粘膜下下甲介切除術

粘膜下下甲介切除術

 アレルギー性鼻炎や慢性肥厚性鼻炎などにより鼻の通りが悪くなった方に行います。まず鼻内内視鏡手術(ESS)と同様の方法で鼻の中を麻酔し、内視鏡で詳細に鼻の中を観察しながら手術します。
 鼻の中で一番大きな下甲介という粘膜に切開を加え粘膜の中を貫いている下甲介骨を粘膜から剥離し下甲介骨だけを切除します。術後鼻の中にガーゼを挿入しますが、翌朝抜去します。粘膜の創部にかさぶたが付き鼻づまりが続きますが2-3週間で改善します。この手術は特に重大な合併症はありません。

  • お問い合わせ

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

診療日

診療時間
  9:00~12:00
16:00〜18:30

★…月曜午前11:30まで
※月曜のみ13~15時は、予約外来、手術、検査

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

所在地


大きな地図で見る

〒 558-0033
大阪府大阪市住吉区
清水丘2-23-21
TEL:06-6671-1058