住吉区清水丘の耳鼻咽喉科。みみ・はな・のど・かぜ・花粉症のことなら何でもご相談ください。

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎

どんな病気か?

 鼓膜の奥の中耳というところに浸出液が貯まり聞こえにくくなる病気です。この浸出液は膿とは違い炎症に伴い粘膜のある種の細胞から生じる粘液や血管から血液の成分が滲み出てきて生じる液が合わさったものです。浸出液は本来耳管という耳と鼻をつなぐ管を通して鼻側に排出されますが、鼻が悪かったり、アデノイドや扁桃腺に肥大が有ると耳管の鼻側の出口が狭くなり、その為液が中耳に貯まって来ます。急性中耳炎と異なり疼痛を伴うことがなく、症状は聞こえにくくなるだけであることが多いので左右どちらかのみ悪い場合は病気の発見が遅くなることもあります。

治療は?

 滲出性中耳炎はアレルギー性鼻炎副鼻腔炎が合併している事が多く、これらに対する薬物治療や鼻処置、ネブライザー、鼻洗浄などの治療を行います。また耳に対しては耳管通気という方法で鼻から耳に向けて空気を送り込み貯まった液の排出を促し、聞こえを改善します。なかなか症状が良くならない場合は鼓膜切開術鼓膜チューブ留置術を施行し中耳の液の排出や中耳の換気を行います。

  • お問い合わせ

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

診療日

診療時間
  9:00~12:00
16:00〜18:30

★…月曜午前11:30まで
※月曜のみ13~15時は、予約外来、手術、検査

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

所在地


大きな地図で見る

〒 558-0033
大阪府大阪市住吉区
清水丘2-23-21
TEL:06-6671-1058