住吉区清水丘の耳鼻咽喉科。みみ・はな・のど・かぜ・花粉症のことなら何でもご相談ください。

めまい症

めまい症

どんな病気か?

 メニエール病突発性難聴のように内耳の平衡感覚を感知する部分の障害や小脳や脳幹などの頭の障害、自律神経の調節がうまくいかないための血圧の急速な上下により起こる場合などがあります。めまい症状のある患者さんには頭の異常を心配されて脳神経外科を受診される方が多いですが、頭の異常によりめまいを来している場合、手足のしびれや運動障害と行った他の症状を伴うことが多く、その頻度もかなり少ないです。内耳障害によるめまいを来す病気は突発性難聴メニエール病以外にも前庭神経炎や良性発作性頭位めまい症などがあります。前庭神経炎は突然内耳の平衡機能が傷害される病気で原因不明です。最初は激しいめまいを来たしますが、その後もふらつきが数週間から数ヶ月続きます。良性発作性頭位めまい症は内耳にある耳石という石が本来の場所を離れて内耳の中を動き回るため内耳を刺激してめまいが起きる病気です。有る特定の体勢を取ったときにめまいが起き、他の内耳性のめまいと異なり吐き気を伴うことは稀です。

治療は?

 内耳性のめまいの場合急性期には安静と点滴、抗めまい薬の内服などで症状を抑えます。たとえいくら激しい症状でも内耳障害によるめまいの場合命に関わるような重大な状態ではありませんので落ち着いて下さい。急性期の症状が落ち着いた後はリハビリにより内耳の平衡機能を刺激することにより徐々に症状は改善します。リハビリはいろいろありますが歩行が最も簡便で有用な方法です。ただ歩行する際は転倒に注意する必要があります。また良性発作性頭位めまいの場合、エプリー法などといった、特殊なリハビリ方法が有りその方法が奏功した場合直ちに症状は治まります。めまいに神経症状が伴う場合や眼の揺れ具合により中枢性のめまいが疑われた場合は直ちに脳神経外科を受診していただきます。自律神経の調節障害によるめまいの場合は自律神経調節薬を服用していただきますが、治療の根本は運動などにより自律神経を刺激し自律神経を鍛えていただくことです。

  • お問い合わせ

診療案内

診療科目

・耳鼻咽喉科

診療日

診療時間
  9:00~12:00
16:00〜18:30

★…月曜午前11:30まで
※月曜のみ13~15時は、予約外来、手術、検査

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

所在地


大きな地図で見る

〒 558-0033
大阪府大阪市住吉区
清水丘2-23-21
TEL:06-6671-1058